ちゃんと知らないと、怖い…。睡眠導入剤とは?

マイスリーのジェネリック「ゾルピデム」

 

もしかしたら、あなたは眠るとき、睡眠導入剤などの睡眠薬が欠かせないかもしれません。

 

ですが、依存してしまうことに、少し不安を感じたりしませんか?

 

睡眠導入剤の効果と副作用を、ちゃんと調べてから、服用している人も少ないと思います。

 

睡眠導入剤は、安眠をもたらしてくれると同時に、実は、依存症や記憶障害など、ちょっと怖い副作用が現れる場合もあるんです。

 

そこでこのサイトでは、睡眠導入剤の副作用や効果、安全性について。それから、病院で処方される睡眠導入剤から、市販で購入できるものなど、さまざまな視点から、わかりやすくまとめてみました。

 

 

睡眠導入剤の、効果と副作用

朝のベッド

 

「なかなか眠れない、そんな日が続いて辛い…」

 

不眠の悩みは、仕事や家事にも響くから、深刻ですよね。

 

「睡眠導入剤があれば、楽に眠れるのに」と思っても、市販では、睡眠導入剤は販売されていません。病院に行っても、誰にでも簡単に処方してくれるものではありません。

 

仮に処方してもらえたとしても、薬には副作用が伴うもの。では、この睡眠導入剤にはいったいどのような効果と副作用があるのでしょうか。

 

睡眠導入剤の効果

睡眠導入剤の効果として、一般に広く認められているのは、「入眠障害」や「中途覚醒」の改善です。

 

つまり、寝つきをよくしたり、夜中に目が覚めてしまわないようにする働きや機能ですね。

 

ただ、寝付きが悪いからといって、安易に睡眠導入剤を服用するのはよくありません。正しい服用量で使わないと副作用が現れたり、依存症になってしまうことがあるからです。必ず、正しい使用方法に精通してから、服用するようにしましょう。

 

睡眠導入剤の副作用

めまいなど副作用のイメージ

 

睡眠導入剤の副作用として認められている症状は、倦怠感や頭痛、日中に異常な眠気に襲われることに加えて、めまいやふらつきが起こりやすい、といわれています。睡眠導入剤の影響が翌日に持ち越すことから、「持ち越し効果」といわれます。

 

特に高齢者の方や、足腰が弱くなっている方は、ふらつきに伴って転倒してしまう危険もあるため、十分な注意が必要です。車の運転も慎重に判断して、危ないときは運転を避けるべきです。

 

長期に服用した場合、耐性が出てしまい、効き目も弱くなることも…。そして、なにより怖いのが、依存性、習慣性、精神依存性です。自殺の危険性を指摘する人もいます。

 

2007年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、睡眠時に「自動車の運転を行うような夢遊行動」を起こすという記載を、睡眠薬全般に対し行っています。

 

また、睡眠導入剤の別の副作用として、一過性の記憶障害や、将来的に認知症になるリスクといった心配の声が上がっています。

 

そのほか、睡眠導入剤の副作用とされている症状
  • 肥満
  • 目のかすみ
  • 口の渇き
  • 翌日まで続く眠気
  • 異常なまぶしさを感じる(認知機能への影響)
  • 頻脈
  • 一過性前向性健忘

 

副作用のない、ドリンクやサプリがある!

 

このように、リスクを伴うのが、睡眠導入剤の怖さです。

 

そこで、睡眠導入剤に頼ってしまうのではなく、副作用の危険がないサプリメント、ドリンクというのも覚えておきましょう。

 

どうしても眠れない晩だけは、睡眠導入剤を使用し、それ以外はサプリメントやドリンクを飲む、という併用型に変えるだけでも、依存症や副作用のリスクを減らすことができます。

 

ぜひ、その効果を知ってみることから、はじめてみてください。

 

ストレス、不規則な生活が原因の方におすすめ!

 

横になってから何時間も眠れないまま、時間だけが過ぎていく…。夜中に、何度も目を覚ましてしまう…。こんな悩みに、ぜひ試してもらいたいのがマインドガードDXです。

 

マインドガードDX(ドリンクタイプ)

 

このマインドガードDXには、

 

  • 天然リラックス成分ギャバ
  • 二大休息ハーブと呼ばれるクワンソウとノニエキス
  • からだをしっかり休めるアミノ酸グリシン
  • 若々しさをサポートするレスベラトロール

 

などがギュッと凝縮されています。

 

天然の成分にこだわって作られているので、睡眠導入剤とは違って、安心して毎日飲み続けることができます。

 

「今夜も、睡眠導入剤に頼ってしまうのか・・・」という、あのストレスや罪悪感から解放されるのは嬉しいですよね。

 

マインドガードDXにはドリンクタイプと粒タイプ(タブレット)があるのですが、上記画像のドリンクタイプのほうが、体内吸収率が圧倒的に高いので、即効性がありおすすめです。

 

 

マインドガードDX(ドリンク)の詳細・購入ページをみる

 

 

ドリンクタイプが苦手な方はこちらの粒タイプ(タブレット)をどうぞ。

 

マインドガードDX粒タイプ

 

マインドガードDX(粒タイプ)の詳細・購入ページをみる

 

 

不眠で悩む、女性におすすめ

Suyattoハーブの休息

 

Suyattoハーブの休息は、24種類の天然ハーブエキスと、2種類の休息アミノ酸を配合した休息ドリンクです。天然素材で抽出しているので、依存性の心配なく、休息の改善を期待できます。

 

冷えや美容の効果も期待できるので、女性には特におすすめです。実際、アットコスメや、「女性自身」「CREA」「からだにいいこと」「健康」など、女性がよく読む雑誌でも取り上げられているほど。詳しくは、下記ページをみてみてください!

 

 

Suyattoハーブの休息の詳細・購入ページをみる

 

 

50代以上の方におすすめ!

ネ・ムーンプラス

 

ネ・ムーンプラスは、慢性的に休息に悩んでいる50代以上におすすめの粒タイプのサプリメント。そのリピート率は驚異の92%です。

 

なんといっても、初回購入金額がかなり安いので、購入しやすいのはうれしいですよね。ただ、値段はキャンペーン期間によって変わるので、最新のキャンペーン価格は下記から確認してください。

 

 

ネ・ムーンプラスの詳細・購入ページをみる

 

 

睡眠導入剤の機序

睡眠導入剤の機序は、脳の中枢神経に作用するというもので、睡眠薬の機序とほぼ同じであるといえるでしょう。
※ここでの「機序」とは、薬が効くしくみやメカニズムという意味です

 

睡眠導入剤の種類と特徴

医者

 

睡眠導入剤は大きく分けると5種類

睡眠導入剤は西洋薬で、睡眠薬や睡眠剤と呼ばれることもあり、非常にたくさんの種類があります。睡眠導入剤(睡眠薬)は大きく分けると5種類に分類されます。

 

  • ベンゾジアゼピン系薬(BZ系)
  • ハルシオン(一般名トリアゾラム)、レンドルミン(一般名ブロチゾラム、チエノジアゼピン系)など

     

  • 非ベンゾシアゼピン系薬
  • マイスリー(一般名ゾルピデム)、ルネスタ(一般名エスゾピクロン)、アモバン(一般名ゾピクロン、シクロピロロン系)など

     

  • バルビツール酸系薬
  •  

  • メラトニン受容体作動(拮抗)薬
  •  

  • オレキシン受容体拮抗薬

 

ベンゾジアゼピン系薬が睡眠導入剤の主流で、基本的に副作用の心配も少ないとされていますが、現在はより副作用の少ない睡眠薬として非ベンゾジアゼピン系が開発されています。

 

以前はバルビツール系薬が多く使用されていましたが、摂取量が多すぎると命に関わる危険性があるため次第に使用されなくなっています。

 

ちなみに睡眠導入剤でも日本国内では、「麻薬及び向精神薬取締法」の対象となる薬があり、それらは個人輸入が禁止されています。

 

なお、ジェネリック医薬品もありますので、素人にはなかなか区別するのが難しいのが現況です。

 

バルビツール酸系薬とベンゾジアゼピン系薬の比較

種類 特徴と副作用
バルビツール酸系薬 脳全体の働きを低下させることによって眠りを誘う麻酔薬の一種。摂取量が多すぎると命に関わる危険性がある。バルビツール酸系依存症の危険性も。
ベンゾジアゼピン系薬 中枢神経系を抑制する、代表的な脳内神経伝達物質「GABA」を増強する。抗コリン作用、筋弛緩作用がある。ベンゾジアゼピン依存症の危険性。

 

半減期

眠気がひどい女子

 

睡眠薬を服用してから、血中濃度が最高値の半分になるまでの時間を「半減期(消失半減期)」といいます。半減期の長い睡眠薬は作用時間が長く、半減期の短い睡眠薬は作用時間が短くなります。それぞれの薬で半減期が異なります。

 

主な睡眠導入剤の半減期と最高濃度到達時間

下記の表に、主な睡眠導入剤の半減期と最高濃度到達時間をまとめてみました。

睡眠導入剤 半減期 最高濃度到達時間
ハルシオン 2.9時間 1.2時間
レンドルミン 1.5時間 7時間
アモバン 0.75-1.17時間 3.66-3.94時間
マイスリー 0.7-0.9時間 1.78-2.30時間
ルネスタ 0.8-1.5時間 4.83-5.16時間

 

これらの中で、最高濃度到達時間の短いものほど、より即効性のある睡眠導入剤であるということがいえます。

 

睡眠導入剤と呼べるのはどんな薬?

 

ハルシオン

 

上記の「半減期」の章で述べた、ハルシオン、レンドルミン、アモバン、マイスリー、ルネスタのような薬は、最高血中濃度到達時間が1時間程度になっているので睡眠導入剤であるといえるでしょう。

 

ちなみに、これらの睡眠導入剤の名称はすべて商品名であり、一般名ではそれぞれ、トリアゾラム、ブロチゾラム、ゾピクロン、ゾルピデム、エスゾピクロンと呼ばれています。

 

こういった睡眠導入剤のほかにも、サイレース・ロヒプノール(一般名:フルニトラゼパム)、ロゼレム(一般名:ラメルテオン)、ベルソムラ(一般名:スボレキサント)といった薬剤も、睡眠導入剤に含める場合があります。

 

睡眠導入剤(睡眠薬)は、大きく2つのグループにに分類することもできます。一つは、寝付きを良くするもので、もう一つは、夜間の睡眠中に目覚めてしまうのを防ぐものです。

 

寝つきを良くする薬のグループは、即効性がある睡眠導入剤のほとんどが入ります。超短時間型や短時間型と呼ばれる睡眠導入剤が該当します。もう一つのグループは、途中で目覚めるのを防ぐ効果があるものであり、中時間型や長時間型と呼ばれます。

 

つまり、特に即効性に優れていて、作用するまでの時間が短いものが「睡眠導入剤」と呼ばれているのです。

 

それぞれの副作用

睡眠導入剤や精神薬は習慣性医薬品です。いずれの睡眠導入剤や精神薬処方がされた場合でも、その薬に頼りすぎて乱用すると有害性が発現し、薬物依存状態になってしまいます。

 

急激な減薬、断薬や休薬を行うと、カラダが深刻な離脱症状や副作用を惹き起こす場合があります。これはベンゾジアゼピン離脱症状などと呼ばれ、こういった理由で引き起こされる不眠を反跳性不眠といいます。

 

睡眠導入剤の正しい使用方法

正しい使用方法として覚えておきたい点の一つは、服用期間の目安を守るというものです。

 

また、睡眠導入剤の正しい利用方法に関する別のポイントは、服用する時間です。寝る直前の服用が最も効果的であると言われています。

 

もちろん、人によって症状も状況も違えば、効果が現れる期間にも違いがあるでしょう。しかし、長期服用すればするほど依存症状や副作用リスクも高くなってしまうため、注意が必要です。

 

クスリの服用をやめる目安は、睡眠障害の改善が見られていたり、そのおかげで心身ともに調子が良くなったと感じるようになった時です。

 

なお、睡眠導入剤を飲んだからといって、不眠症や鬱(うつ病)が根本的に改善するわけではありません。その点注意が必要です。

 

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターでは、2013年6月に「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン」を策定しています。また、第25回日本臨床精神神経薬理学会では「向精神薬療法の開始と終結の問題点」というタイトルのシンポジウムで、薬物療法の開始や終了が難しい病態調査を取り上げました。

 

不眠の治療法(薬物療法)としての抗うつ薬

不眠状態が、鬱(うつ)からきている場合もあります。不眠を訴えて病院を受診してうつ病という診断が下された場合には、抗うつ薬が処方されたり睡眠導入剤と併用されたり、混合薬が処方されることもあります。

 

睡眠導入剤、睡眠薬、睡眠改善薬、催眠鎮静剤、精神安定剤の違い

不眠症の薬

 

眠りが浅い症状や眠れない症状等の睡眠障害に使われる薬には、様々な名称があります。たくさんあるために、それぞれの薬の違い、名称の違いや効果の違い、副作用がわかりにくいという点があります。

 

そこで、睡眠導入剤、睡眠薬、睡眠改善薬、催眠鎮静剤、精神安定剤という、比較的耳にする薬の効果やそれぞれの違いを解説します。

 

睡眠薬とは

まず、睡眠薬とは、市販の薬や処方薬全ての眠りに関する薬物の総称として使われることが多いものです。処方薬は、短期〜中期作用〜長期作用タイプに分かれていますので、それらを含めた呼び方です。

 

睡眠改善薬とは

時々眠りにつけない、長期にわたる睡眠障害でない場合の治療に用いるのが睡眠改善薬です。これは多くが医療用の市販薬で、抗ヒスタミン薬の副作用を利用して眠りやすくするものです。

 

抗ヒスタミン薬はアレルギー薬で、風邪薬や鼻炎薬等に含まれる成分なので、睡眠障害に有効性のある薬ではありません。眠りを促す程度の軽い薬です。

 

睡眠導入剤とは

睡眠導入剤は処方薬であり、睡眠改善薬では効果が出ない、軽度の睡眠障害の場合に用います。GABAという、脳内の抑制系神経伝達物質の催眠作用を増強する役目があります。

 

その結果、深い眠りに導くことが可能です。効果の持続時間が短いため、重度の睡眠障害には効かない場合もあります。

 

催眠鎮静剤と精神安定剤

催眠薬である催眠鎮静剤と精神安定剤は、上記とは違い、眠るのは二次的効果である場合もあります。

 

精神安定剤とは

精神安定剤とは、不安作用や緊張を和らげる精神安定作用のある精神薬(抗不安薬)で、向精神薬(精神病薬)の一種です。パニック障害や不安障害等のめまいや震え、動悸などの症状を抑える効果があります。

 

こうした症状を抑えるのと同時に、眠気が強く出る薬が多種あるので、それらを睡眠薬として服用します。

 

催眠鎮静剤とは

最後に、催眠鎮静剤。こちらは、興奮状態を鎮めリラックスさせてくれます。脳が落ち着くことで眠れるという薬なので、他の睡眠薬とは違った作用を持っているといえます。

 

この様に、それぞれ効果も副作用も違ったものなので、簡単に特徴を覚えておくと良いかもしれません。

 

睡眠薬と睡眠導入剤の違い

睡眠薬と睡眠導入剤とは結論からいうとほぼ同じものを指し、どちらも「睡眠作用のある薬」です。ただあえて細かいニュアンスで説明すると、睡眠薬は「眠らせる力を持つ薬」、睡眠導入剤は特に「入眠させる力が強い薬」ということになります。

 

睡眠薬と睡眠導入剤の分類は、それほど厳密に決まっているわけではなく、処方する病院の医師や薬剤師によっても異なる場合があります。

 

おおむね全ての睡眠薬を「睡眠導入剤」だとする分類法もありますし、特に寝つきの効果が強い数種類の睡眠薬を「睡眠導入剤」とする考え方もあるので、やはり睡眠薬と睡眠導入剤の違いはほとんどないといえるでしょう。

 

睡眠導入剤マイスリーと、睡眠改善薬ドリエルの比較

睡眠改善薬ドリエル

 

マイスリーとドリエル、この二つは睡眠薬として知られています。それぞれの特徴や違い、メリット・デメリットについて説明します。

 

製品名 マイスリー ドリエル
特徴 マイスリーは商品名で製造会社名はアステラス製薬です。睡眠導入剤の一種です。内服するためには医師の処方が必要な医薬品になります。様々な科で処方されているため、睡眠に悩む多くの患者さんが内服していると思います。 一方でドリエルは、正式には睡眠改善薬に当たります。製造会社名はエスエス製薬です。ドリエルはマイスリーと異なり、医師の処方なしで購入できます。最近なんとなく眠れていないと感じた時など、薬局で簡単に手に入れることができます。
作用 マイスリーは脳のGABA受容体の働きを強めます。GABAは鎮静作用を持つため、内服することで脳を鎮静させ、催眠作用につながります。

 

即効性があり、内服してから15分〜20分で眠気が現れます。布団に入ってもなかなか寝付けないが眠りにつくと長く眠れる、という方に適応しています。2〜4時間で効果が切れるため、夜中に何度も目が覚めるというタイプの不眠の人には不向きです。

ドリエルは覚醒物質であるヒスタミンの作用を抑制することで催眠作用につながります。風邪薬や鼻炎薬などの抗ヒスタミン剤(ジフェンヒドラミン塩酸塩など)の副作用を利用して眠気を起こさせているのです。

 

感じ方は人それぞれですが、10分〜30分ぐらいで眠くなる人が多いようです。内服後2〜4時間が効き目のピークで、朝まで良く眠れる人や途中目がさめてしまうという人もおり、感じ方は人それぞれです。

メリット マイスリーのメリットは、処方薬なので効果が出やすいこと、長期的に内服でき慢性的な不眠症に効果があることです。またマイスリーは他の睡眠導入剤に比べて、ふらつきやせん妄等の副作用が少ないと言われています。 ドリエルのメリットは薬局で手軽に購入できるため、一時的な不眠症状をすぐに改善できる点がおすすめです。
デメリットや副作用 デメリットとしては、医師の処方が必要なこと、作用時間が短い(短期作用)という点が挙げられます。 デメリットは、長期作用を期待した内服には適さないため、慢性的な不眠対策としては効果がない点です。

 

長く不眠に悩んでいる人は、自己判断せず、精神科や心療内科の医師の診察を受けてみるといいかもしれません。

 

効果が高く、安全な市販の睡眠導入剤ってあるの?

多量の服用に注意したい

 

まず結論からいいますと、睡眠導入剤は一般の消費者向けとしては市販されていません。もし、市販の商品で睡眠に関する薬を手に入れたいということであれば、睡眠改善薬というもののみが入手できます。

 

睡眠改善薬は現在のところ、10種類以上も販売されています。睡眠改善薬に含まれている主な成分は、風邪薬などにも入っているジフェンヒドラミンという成分です。このジフェンヒドラミンには、脳の覚醒を抑制し眠気を促す作用があります。

 

第2類医薬品と、より副作用や相互作用に注意が必要な指定第2類医薬品の両方があります。薬局・ドラッグストアで購入する際には、薬剤師の説明が努力義務となっています。

 

  • ドリエル(エスエス製薬)
  • ドリエルEX(エスエス製薬)
  • ネオディ(大正製薬)
  • マイレストS(佐藤製薬)
  • グ・スリーP(第一三共ヘルスケア)
  • アンミナイト(ゼリア新薬工業)
  • スリーピン(薬王製薬)
  • ナイトール(グラクソ・スミスクライン)
  • プロリズム(カイゲン)
  • カローミン(大昭製薬)
  • おやすみーな(浅田飴)
  • ドリーネン(東宝製薬)
  • アロパノール(全薬工業)
  • ホスロール(救心製薬
  • 漢方ナイトミン(小林製薬)
  • リポスミン(皇漢堂製薬)

 

 

睡眠改善薬のほかに、鎮静剤や、筋肉弛緩成分配合もあります。興奮した神経を鎮めて、安眠をえるというのもひとつの選択肢です。

 

  • ウット(伊丹製薬)
  • パンセダン(サトウ製薬)
  • コリホグス(小林製薬)

 

 

医薬品での副作用や依存が心配な方は、ドリンクやサプリメントでリラックスした休息を送るのがおすすめです。

 

  • マインドガード
  • ネ・ムーンプラス
  • Suyattoハーブの休息

 

副作用が心配な方のサプリはこちら

 

 

海外製の輸入睡眠導入剤の危険性

最近ネット上では、海外製の睡眠導入剤の販売サイトが増加しています。ただここで注意しなければならないのは、海外製の睡眠導入剤には日本で認可されていない成分が使用されている場合もあるということです。

 

また、もしその商品が偽造品や模倣品であったとしても、基本的にはまず何の保証もありません。

 

さらに、そういった海外製の睡眠導入剤を購入しようとすれば、個人輸入代行などを利用することになりますが、万が一そういった製品の服用が原因で副作用が起きたとしても、保険や救済制度が適用されることはないといえます。

 

このような理由から、海外製の輸入睡眠導入剤の安全性には極めて疑問があります。可能な限り、日本で販売されている睡眠導入剤や睡眠改善薬、サプリメントなどを利用するようにしましょう。

 

不眠改善サプリメントには、睡眠ホルモンであるトリプトファンやGABAなどのアミノ酸、リラックス効果があるとされるハーブ成分などが含まれているものが多くあり、安全性の面から見てもおすすめです。

 

睡眠環境が乱れる原因は?

光のさすベッドルーム

 

睡眠は、健康な毎日を送るために欠かせない大切なものです。本来ならば毎日決まった時間にベッドに入り、一定の睡眠時間を確保して一日活動した身体の疲れを取り除き、翌朝には気持ちよく目覚めるのが理想的です。

 

けれども現代人で理想的な睡眠をとれる人はそれ程多くはないかもしれません。特に睡眠時間を確保することが難しい場合、長時間眠ることよりも質の良い睡眠をとるために睡眠環境を整えることが大切になります。

 

できるだけ副作用のリスクの高い睡眠導入剤などに頼らずに、生活を改善しましょう。また、アルコール依存症者なども質の良い睡眠をとることが難しくなります。

 

睡眠に適した音

眠りにつく時に外の音が気になってしまうという人は多くいます。室内で快適に暮らせるためには図書館の中くらいの静けさが必要だといわれていますが、睡眠環境を考えればそれよりもさらに静かなほうが良く眠れるといわれます。

 

また、無音というよりも、眠りにつく時にリラックスできる静かな音楽を聴くといった方法も効果があります。

 

睡眠に適した明るさ

寝室内の明るさも睡眠環境のためには大切な条件です。睡眠中の部屋の中はなんとなく室内が見える程度の明るさが理想的だといわれています。

 

これはたとえば月明かり程度の明るさのことで、部屋を全く明かりのない真っ暗な状態にするよりも暗めの暖色系の明かりが良く眠れる明るさであるといわれます。

 

ただし注意点として、睡眠中の明るさも大切ですが、眠りにつく直前にパソコンやスマートフォンの画面を見ないことの方がより大切だといわれています。ブルーライトは、入眠の妨げになる場合がありますので、少なくとも眠る一時間前には、こうした画面の明るさから離れるようにしましょう。

 

睡眠に適した温度・湿度

気持ちよく眠れるための理想的な室温は冬なら16度から19度程度、夏なら26度以下だといわれています。布団の中が32度くらいの温度に保てることが、快眠するためには理想的です。

 

そして湿度は、季節に関係なく50パーセント前後に保つことで、心地よく快適な眠りを得ることができるとされています。

 

睡眠に適した寝具

寝具は清潔でほどよい固さを保つものが良く眠れる環境を整えるには大切です。湿度がこもりすぎるときには、寝具を天日干しにしたり布団乾燥機などを使うことも効果的です。

 

また、首から肩甲骨附近にある褐色脂肪細胞の働きを活発にすることで、体温も基礎代謝も上がって全身が温まります。自分の体の褐色脂肪細胞の働きを高めると副交感神経が優位に働き、体温が上昇して寝つきが良くなります。

 

いびきや睡眠時無呼吸症候群への対策

自分がいびきをかいたり、睡眠時無呼吸症候群であったり、あるいは旦那さんにそのような症状があってうるさくて眠れないというケースもあります。いびきへの対処法は、こちらのサイトを参考にしてください。

 

旦那のいびきがうるさくて眠れない…。この方法で、静かに朝を迎えられる!
http://www.danna-ibiki.net/
旦那のいびきがうるさい! これは深刻な悩みです。いびきを軽減や防止する方法はいろいろありますので、ぜひ実践してみてください。

 

いびきをかかない方法。横向き寝、サプリ、鼻腔拡張テープなど一挙紹介!
http://www.ibiki-sayonra.net/
寝方、サプリメントや、マウスピース、鼻腔拡張テープなど、様々ないびきをかかない方法を紹介しています。

 

QOL(生活の質)とは?

しっかり睡眠

 

QOL(生活の質) とは”Quality of Life”の略です。人生の質、生活の質という意味になります。

 

QOLの定義

人生の質というと定義が難しいですが、人が生きていく上では皆、人間として生きる喜びを享受することを許されています。たとえ人の手を借りて生きることとなったとしても、素敵な人生を歩むために生活の質を高めることは大切です。

 

日本でも高齢化社会となり、介護を必要とする方が増えてきました。食べること、排泄すること、睡眠をとることは、人が生きていく上で欠かせないことです。

 

QOLと睡眠の関連

体力が衰えてくると睡眠が浅くなり、よく眠れなくなるなどということが起きてきます。夜中にトイレで何度も目が覚めることも多くなってきます。

 

しかし、しっかりとした睡眠をとることは、患者自身の健康に役立つというメリットがあります。良質な睡眠は脳や体を休ませるだけでなく、心を休ませるのにも必要不可欠なことです。

 

高齢者介護が不可欠となっている現代社会において、介護される側の健康は介護する側の健康にも直結します。介護される側は、心身ともに元気で健康にいられるようQOL向上を前向きに目指すことで、人生の質がより良くなります。また現状の病気やケガの進行を遅らせることにも繋がります。

 

中年女性