睡眠導入剤「ルネスタ」の特徴と副作用について

ルネスタ

 

2012年に販売開始された睡眠導入剤ルネスタ。

 

ルネスタは処方せんが必要な睡眠導入剤ですが、具体的にはどのような薬なのでしょうか。

 

特徴や服用に向いている人、副作用や服用時の注意点について紹介します。

 

睡眠導入剤「ルネスタ」の特徴

 

ルネスタはアモバンという睡眠導入剤の中に含まれる「S体」という部分を抽出して作られた睡眠導入剤で、非ベンゾジアゼピン系に属する薬です。

 

アモバンは口に入れると苦味がある睡眠導入剤ですが、ルネスタはその苦味が軽減され(多少の苦味は残りますが)、副作用も少ない、安全性の高い睡眠導入剤として広く使用されるようになりました。

 

ルネスタは超短時間型の睡眠導入剤

 

睡眠導入剤は超短時間型、短時間型、中時間型、長時間型と、作用する時間に応じて4種類に分類されますが、ルネスタはその中の「超短時間型」に属するお薬です。

 

服用すると1〜1.5時間後には血中濃度が最高に達し、5時間後には半減していきます。

 

即効性が高い薬となりますので、寝付きが悪いタイプの不眠にはぴったりの薬と言えます。

 

ルネスタの前身薬「アモバン」との比較

 

ルネスタの前身として作られた睡眠導入剤「アモバン」は服用後1時間で血中濃度が最高に到達し、約4時間半後には半減します。

 

ルネスタはアモバンに比べて、少しだけ緩やかに効き目を現すことが分かりますね。

 

アモバンもルネスタも、血中濃度が最高に達する時間が早いことが特徴で、3〜4時間後には効果が切れてしまうことが特徴です。

 

ルネスタの服用に向いている人は?

 

ルネスタを効果的に服用するためには、睡眠のタイプをよく知ることです。

 

ルネスタは即効性が高く、短時間で効果が切れることから、寝付きが悪いと悩むタイプの不眠に適した薬です。

 

  • 夜中に何度も目が覚める
  • 早朝に目が覚める

 

タイプの方には、アモバンやルネスタなど超短時間型の睡眠導入剤は不向きです。

 

ルネスタの成分

 

ルネスタの主成分はエスゾピクロンという成分が使用されています。

 

通常の処方は1回2mg、高齢者の場合は1回1mgを処方することが多いようです。

 

症状によって医師はエスゾピクロンの量を調節しますが、成人は1回3mg、高齢者は1回2mgを超えないように処方されます。

 

「効果を感じられないから」と勝手に薬を追加して服用してしまっては、副作用や薬の効き目が強く出る場合があります。

 

決められた量を超える服用は絶対にしないようにしましょう。

 

ルネスタの効果・効能

 

ルネスタを服用すると、脳の神経を鎮めて不安や緊張をほぐす働きが起こります。

 

気分もリラックスしたような状態になり、自然に近い形で眠気が訪れるようになります。

 

効き目の強い薬ですと、意識がもうろうとしたような状態になり、翌朝も「スッキリと眠れた」という気分にはほど遠く、どんよりとした気分になることも多いものです。

 

その点ルネスタやマイスリー、アモバンなどの、非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠導入剤は、短時間で効き目が切れるので、翌朝まで薬が残るということはほとんどありません。

 

効き目が強い薬がよく効く薬だとは限りません。

 

症状に合わせた薬を正しく服用すれば、睡眠導入剤は便利な薬ですので、必要以上に怖がらず、正しい知識を得るようにしたいですね。

 

ルネスタの効果が出るまでの時間、持続時間について

 

ベッド

 

ルネスタの効果が出る時間

 

ルネスタは超短時間型の睡眠導入剤として使用される薬です。

 

医師や薬剤師からルネスタを処方されるときは「就寝の直前に服用して下さい」という指示がされると思います。

 

個人差はありますが、ルネスタを服用後10〜30分もすると、自然と眠気が訪れるようになります。

 

効果が早く出ますので、車の運転や出かける用事がある場合は服用しないようにして下さい。

 

ちなみに私はルネスタを服用しているのですが、「眠い」と感じるまでベッドに入らないようにしています。

 

「眠れない、眠れない」と悶々とした時間を過ごしてしまうと、「ベッド=寝られない場所」と位置づけてしまうからです。

 

寝る前1〜2時間前には、スマホやパソコンなどの画面は見ないようにして、心身ともに眠る体制を整えるようにすることも大切です。

 

ルネスタの効果が切れる時間

 

ルネスタは約5時間で血中濃度が半減する睡眠導入剤です。

 

薬のキレが良いので翌日まで薬を持ち越すことはほとんどなく、仕事をしている人でも「朝起きられないかもしれない」といった心配は無用です。

 

同じく非ベンゾジアゼピン系で超短時間型の睡眠導入剤として、マイスリーがあります。

 

心療内科や精神科でも使われる機会の多いマイスリーは、2時間半で血中濃度が半減します。

 

ルネスタはマイスリーよりも効き目が長いということが分かりますね。

 

睡眠導入剤「マイスリー」についての詳しい記事はこちら

 

ルネスタ服用の注意点

 

水と薬

 

ルネスタをはじめ睡眠導入剤を処方されたら、必ず医師や薬剤師の指示をよく聞いて、正しく服用するようにして下さい。

 

特に下記に該当する場合は注意が必要です。

 

持病がある人は必ず医師に相談を

 

ルネスタは重症の筋無力症や急性緑内障、喘息など呼吸器の病気を持っている人は、必ず医師に相談するようにして下さい。

 

その他薬を飲んでいる場合は、飲み合わせによって薬の効果が強く出たり、副作用が出る恐れがあります。

 

肝臓や腎臓が悪い人や高齢者も副作用が出やすくなりますので、必ず相談するようにして下さい。

 

妊娠・授乳中の場合は服用を控える

 

妊娠している人や授乳中の女性は、ルネスタを服用することは避けた方が無難です。

 

授乳中でルネスタを服用する場合は、母乳をやめて粉ミルクに切り替えてから服用するようにして下さい。

 

夜中の転倒、ふらつきなどに注意

 

ルネスタを服用した後にトイレなどで歩き回るときは、転倒やふらつきなどに充分注意して下さい。

 

特に高齢者は夜中、トイレに立つ人が多いのですが、その際に転倒してしまうケースがあります。

 

自己判断で薬を中断しない

 

眠れない悩みがルネスタによって改善され「もう眠れるようになったから」と、勝手に服用を中断する人がいます。

 

ルネスタに限らず、睡眠導入剤を突然中断してしまうと、反動で以前よりも強い不眠に悩まされたり、イライラや強い不安感に襲われることがあります。

 

睡眠導入剤も抗うつ薬も、良くなったとしても徐々に薬を減薬しなければいけません。

 

ルネスタで眠れるようになっても、医師の指示に従って、薬を飲み続けるようにして下さい。

 

ルネスタの副作用について

 

ルネスタは安全性の高さが特徴の、効き目が穏やかな薬です。

 

正しく服用する限り、重い副作用はほとんどありません。

 

それでも使い方を間違えると副作用を起こす可能性がありますので、下記のような症状が見られた場合はすみやかに医師に相談してください。

 

発疹やかゆみ等の過敏症状

 

ルネスタを服用すると、発疹やかゆみ等の過敏症状が現れる場合があります。

 

症状によってはルネスタの処方を中止する場合もありますので、すみやかに医師や薬剤師に相談してください。

 

めまいや倦怠感、脱力感

 

人によっては翌朝にめまいや倦怠感、脱力感を感じる場合があります。

 

多くは体が薬に慣れるに従って、めまいなどの症状は落ち着きを見せます。

 

4、5日服用を続けても不快感がある場合は、すぐに医師に相談するようにして下さい。

 

苦味、味覚障害

 

私自身ルネスタを服用しているのですが、飲んだ後に独特の苦味があります。

 

元々、ルネスタの前身の薬「アモバン」にひどい苦味がありました。

 

ルネスタはその苦味を改良して作られた薬ですが、それでも不快感のある苦味が翌朝まで残ることがあります。

 

ひどい人はルネスタの苦味から味覚障害に陥る人もいるそうです。

 

ルネスタの苦味にどうしても耐えられない場合は医師に相談するようにして下さい。

 

 

睡眠導入剤の副作用ついて、詳しい記事はこちら

 

 

ルネスタの薬への依存性は?

 

睡眠導入剤を長期間に渡って、多すぎる量を服用し続けると、体が薬に慣れてしまい、突然薬を中断すると、

 

  • イライラ
  • 体の震え
  • けいれん
  • 混乱

 

などの症状が現れる場合があります。

 

ルネスタに重い副作用は滅多にありませんが、万が一上記のような症状が起こった場合は、すぐに医師に相談して下さい。

 

普通は睡眠導入剤を処方する場合、比較的量を少なめに処方し、徐々に調節するようにしていきます。

 

勝手に量を増やしたり、服用を中断しない限りは、重い副作用が起こる可能性は極めて低いものです。

 

あまり怖がらずに、医師の判断を信用して服用してみて下さいね。

 

ルネスタを処方してもらうには

 

ルネスタは処方せんがなければ購入することができません。

 

不眠に悩んでいる人は、精神科や心療内科、最近では睡眠外来などの病院も多くなりましたので、そういった専門家を訪ねるようにしましょう。

 

ルネスタの処方箋

 

「いきなり心療内科はちょっと行きづらい…」という人は、総合病院やかかりつけの内科を訪ねても良いですね。

 

大きな病院の内科でしたら、始めに他の病気の可能性を調べてから、心療内科などへ紹介することもあります。

 

いつから不眠に悩んでいて、どのようなタイプの不眠(寝付けない、夜中に目覚める…)なのか、他に気になる症状(胃が痛い、頭が重い…)、といった状況を正確に医師に伝えてください。

 

もしかしたら不眠は症状のひとつで、他の病気が隠れている可能性がありますので、くれぐれも自己判断をしないようにしましょう。

 

ルネスタのジェネリック(後発医薬品)ってある?

 

ルネスタの薬価は、

 

  1mg 2mg 3mg
ルネスタ 51円 80.9円 102.7円

 

となっており、調べてみたところ、ルネスタにはまだジェネリックが販売されていないようです。

 

仕事を休職している、または退職して金銭的に苦しいという人は、医師に相談すると診察料金と薬代を1割負担に減額してもらえる制度を申請できます。

 

金銭的な不安があると、不眠や病気治療への妨げとなりますよね。

 

使える制度はどんどん利用して、治療に専念できるようにしておきましょう。

 

ルネスタのジェネリック、インターネットで販売されている?

 

ルネスタにジェネリックはない、と書きましたが、「ルネスタ・ジェネリック」などの名称で睡眠導入剤が販売されているサイトを見かけた人もいるでしょう。

 

調べてみると、どのサイトでも販売されているルネスタのジェネリック(と言われる薬)は、海外で作られた薬を個人輸入して購入するものです。

 

何度も紹介していますが、ルネスタは処方せんがない限り手に入れることはできません。

 

万が一そういった薬を服用して、重篤な副作用を起こした場合、手当や発見が遅れると命の危険にさらされる可能性もあるのです。

 

そしてそれらはすべて自己責任となります。

 

「インターネットで簡単に購入できるから」と、安易に薬に手を出してしまわないよう、気をつけて下さい。

 

ルネスタが効かない…なぜ?

 

壁掛け時計

 

ルネスタは中途覚醒や早朝覚醒には不向き

 

一口に不眠と言っても、タイプによって使用する薬が変わります。

 

入眠障害 一般的に「寝付きが悪い」とされる眠りに入れないタイプの不眠
中途覚醒 夜中に何度も目が覚めてしまうタイプの不眠
早朝覚醒 起きる予定より2時間以上も前に目が覚めてしまい、再び眠れないタイプの不眠
熟睡障害 眠りが浅く、翌朝目が覚めても寝た感じが得られないタイプの不眠

 

ルネスタは短時間しか効き目が感じられない薬ですので、中途覚醒や早朝覚醒タイプの不眠には、薬の効果を感じられないかもしれません。

 

ルネスタを服用しても効き目を感じられない場合は、薬の量を増やしたり、別の薬に変更することがあります。

 

早めに医師に相談するようにしましょう。

 

お茶やコーヒーを飲んでいませんか?

 

意外と見過ごされやすいことが、寝る前にコーヒーやお茶など、カフェインが含まれている飲み物を飲んでいる場合です。

 

ご存じの通りカフェインには眠気を抑える効果がありますので、寝る前に飲むと寝付きが悪くなってしまいます。

 

ルネスタの効き目を感じられないときは、寝る前に温かいミルクを飲むようにしてみましょう。

 

ミルクにはトリプトファンという成分が含まれていて、安眠に効果的な飲み物として有名です。

 

ミルクが苦手な人はカモミールティーやラベンダーティーなども良いですよ。

 

温かい飲み物で、体を眠る体制に持って行くようにしましょう。

 

まとめ〜薬に頼らない生活に戻るために

 

ルネスタをはじめ、睡眠導入剤は不眠に悩む人にとっては便利な薬です。

 

しかし完全に薬に頼ってしまっては、いつまでも薬を飲み続けなければいけません。

 

医師は薬を処方することはできますが、ストレスを取り除くことはできません。

 

また、睡眠導入剤はあくまで不眠を解消するサポートをする薬です。

 

言わば対症療法の治療薬ですので、不眠になってしまう根本的な問題の解決は、ご自身にしかできません。

 

睡眠導入剤で眠れるようになったら、その原因と改善策を考えて、早く薬なしで眠れるようになれば良いですね。