薬局で購入できる睡眠導入剤について。効果や成分、特徴の比較などを紹介します

ソファで眠る女性

 

寝付きが悪くて困る、夜中に何度も目が覚める、朝早くに目が冴えてしまう…不眠と言っても症状は様々で、個人差が大きいものです。

 

不眠で困っているけれど、病院に行くほどではない、病院はちょっと敷居が高いな…とためらっている人であれば、薬局を訪ねたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

最近ではテレビCMでも睡眠導入剤について宣伝していますし、ドラッグストアや薬局でも目にとまりやすい場所に睡眠導入剤が置かれている光景を見かけます。

 

この記事では、薬局で購入できる睡眠導入剤について、効果や成分、特徴の比較などを紹介します。

 

睡眠導入剤と睡眠薬、どう違うの?

 

睡眠薬は医師の処方で購入

 

薬局やドラッグストアで、不眠を解消するための薬を探した人であれば気づくでしょうが、薬局に置いているのは「睡眠導入剤(睡眠改善薬)」で、「睡眠薬」は置いていません。

 

この理由は、睡眠薬と睡眠導入剤では全く違う成分によって作られているからです。

 

医師が処方して出す睡眠薬には、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系、メラトニン受容体作動薬、オレキシン受容体拮抗薬、バルビツール酸系睡眠薬などいくつかの種類があり、それぞれに効果の持続時間や服用してから効果が出るまでの時間が変わるという特徴があります。

 

こういった判断は素人である私たちには出来ませんので、医師が患者の症状や状態を見ながら診断を出し、薬を処方しています。そのため睡眠薬は薬局で気軽に購入するといったことは出来ないのです。

 

薬局で買える睡眠導入剤には共通の成分がある

 

一方、薬局で購入できる睡眠導入剤には、抗ヒスタミン剤の一種である「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が成分として含まれています。

 

「ジフェンヒドラミン塩酸塩」とは聞き慣れない物質かもしれませんが、これは風邪薬や花粉症の薬などにも使用される成分で、ヒスタミンという脳を覚醒させる物質の働きを抑えて、眠気をもたらす作用がある成分です。

 

よく「風邪薬を服用すると眠くなる」という話を聞きますよね。それはこのジフェンヒドラミン塩酸塩の効果で、その効果を活かして睡眠へと導く手助けをするのが、薬局で買える睡眠導入剤なのです。

 

薬局で買える睡眠導入剤について

 

ここでは、薬局で買える睡眠導入剤の代表的なものをいくつかご紹介します!

 

ドリエル

 

ドリエル(エスエス製薬)

1日1回2錠服用。飲みやすい大きさで認知度が高い商品です。

 

ドリーミオ(資生堂薬品)

1日1回2錠服用。小粒のフィルムコート錠ですので、大きな錠剤が苦手な人でも飲みやすい薬です。

 

ネオディ(大正製薬)

1日1回2錠服用。カプセルが苦手な人も飲みやすい、小粒のフィルムコーティングがされています。

 

ディトナ(オール薬品工業)

1日1回2カプセル。顆粒の薬が苦手な人にはカプセルがおすすめです。

 

プロリズム(カイゲン)

1日1回1カプセル。飲みやすい大きさの小型カプセルが特徴の睡眠導入剤です。

 

ヨネール(米田薬品)

1日1回2錠服用。フィルムコーティングされた錠剤ですので、服用しやすいという特徴があります。

 

リポスミン(皇漢堂製薬)

1回2錠。こちらもフィルムコーティング錠剤を2錠服用して眠気を引き起こします。

 

スリーピン(薬王製薬)

1日1回1カプセル。液状成分をカプセルに封入しているので、比較的効果が出るのが早いという特徴があります。

 

薬局で買える睡眠導入剤の比較

 

カプセル

 

上記で紹介した睡眠導入剤について、成分と値段の比較をまとめました。どの薬にも、ジフェンヒドラミン塩酸塩が50mg配合されていて、薬によって効果の大小はあまりないということがお分かりいただけると思います。

 

商品名 有効成分(ジフェンヒドラミン塩酸塩)含有量 価格(税抜)
ドリエル(エスエス製薬) 50mg 12粒1900円
ドリーミオ(資生堂薬品) 50mg 12粒1680円
ネオディ(大正製薬) 50mg 12粒1680円
ディトナ(オール薬品工業) 50mg 12粒1584円
プロリズム(カイゲン) 50mg 6カプセル1139円
ヨネール(米田薬品) 50mg 12粒1500円
リポスミン(皇漢堂製薬) 50mg 12粒1900円
スリーピン(薬王製薬) 50mg 6カプセル1848円

※価格は小売店によって変わります。インターネットで購入すると安く手に入れることもできるそうです。

 

睡眠導入剤、どういった基準で選べば良いの?

 

成分に大きな違いはありません

 

上記でも紹介したように、国内で購入することができる睡眠導入剤(改善薬)にはジフェンヒドラミン塩酸塩が50mg配合されているので、どの薬を飲んだとしても効果の違いはありません。

 

あとは大きさの違いや錠剤かカプセルかといった形状の違いでしかありませんので、自分が飲みやすい薬を選ぶようにして下さい。

 

即効性を求める場合は液状がおすすめ

 

成分に違いがないとは言え、中身が液状のカプセルタイプでしたら若干効き目が早いことが考えられますので、早く眠りたいと考える人はカプセル内が液状で作られたスリーピンをおすすめします。

 

薬局で買える睡眠誘導剤の注意点

 

副作用が出ることもあります

 

薬局やドラッグストアで気軽に購入できるから、といって睡眠導入剤を安易に考えてはいけません。効果が緩やかだと言われていても、薬であることに違いはないので、人によっては副作用が起こる可能性も否定できません。

 

もしも薬を服用して頭痛や吐き気、イライラなどの異常に気がついたら、すぐに服用を中止して医師に相談するようにして下さい。

 

服用前には必ず同包されている説明書をよく読みましょう。

 

睡眠薬の副作用について、もっと詳しく知りたい方はこちら

 

ひとり1箱限り、未成年は保護者の確認が必要

 

ドラッグストアで安売りされていたからと言って、買いだめして購入することはできません。

 

また未成年が服用する場合は、保護者の確認が必要になりますし、15歳未満の子どもは服用をしないよう注意がされます。

 

これは大量に服用したり、薬の横流しを防ぐ意味合いがあるそうです。

 

妊娠中・授乳中の女性は服用を避ける

 

妊娠の可能性がある人や妊娠中の女性、また授乳中の女性は睡眠導入剤の使用をしてはいけません。睡眠薬の成分が胎児や赤ちゃんに流れてしまわないようにするためですね。

 

飲酒後に服用しない

 

よく「眠れないから」といって寝酒を飲む人がいますが、寝酒では浅い睡眠しか取れず正しい睡眠とは言えません。

 

また寝酒を飲んだ後に睡眠導入剤の服用は決してしないで下さい。薬やアルコールの効果が強くなってしまい、ふらつきやもの忘れなどといった重大な副作用が起こる恐れもあるので、飲酒と薬の併用は大変危険です。

 

服用の際は薬剤師や登録販売員の指示に従うこと

 

何度も書きますが、薬である以上は気軽に考えてはいけません。睡眠導入剤(睡眠改善薬)に処方せんは必要ありませんが、服用する前にきちんと薬剤師や登録販売員に相談をして、正しく服用するようにして下さい。

 

風邪薬などにも書かれる使用上の注意点ですが、薬を服用後、車の運転は控えるように気をつけましょう。

 

日常生活にも眠れる工夫を

 

それ以外でもできるだけ薬がなくても眠れるよう、日常生活を工夫するようにして下さい。

 

ハーブティー

 

  • 夜眠る前にはスマートフォンやパソコンの画面を見ない
  • 寝る前に温かい飲み物を飲んで体温を上げ、眠りへ誘うようにする
  • 適度に運動をして、体を疲れさせる

 

といった工夫をして、自ら眠れるようにすることが大切です。

 

症状が長引く場合は病院へ!

 

たまに眠れなくなる程度の不眠でしたら問題はないでしょうが、あまりにも不眠が続くようでしたら病院で不眠治療をするようにしましょう。

 

睡眠薬は精神科や心療内科のクリニックで処方してもらえます。そういった場所への敷居が高いという場合は、まずは内科に相談するという手もあります。

 

市販されている睡眠導入剤はあくまでも一時的な不眠症状に効果が期待できる薬ですので、睡眠導入剤を服用しても効果が感じられない場合は、ぜひ医師へ相談するようにして下さい。

 

 

 

以上、薬局で市販されている睡眠導入剤について、特徴や効果について紹介しました。

 

早く不眠についての悩みが解消されることを祈っています。