睡眠薬を処方してもらうには何科を受診する?代表的な睡眠薬の種類と注意点

 

眠れない男性

 

心身の健康のために睡眠は欠かせないものですが、不眠について悩む人は非常に多いのだそうです。

 

睡眠について悩み、睡眠薬の処方をしてもらいたいと考えている人や、薬の効果について知りたい人のために、睡眠薬を処方してもらうために必要なことや、どういった薬の種類があるのか、処方の注意点などを紹介します。

 

睡眠薬を処方してもらうには?

 

医師の診察

 

病院に行く前に自分の状態を把握しましょう

 

「眠れない」と言っても、症状は人によって違い、処方される薬も変わります。病院を訪ねる前に、自分の睡眠に関する悩みがどういったものなのかをきちんと考えるようにしておくと、病院でもスムーズに自分の状態を説明することができます。

 

どういった症状なのか(浅い睡眠で寝た気がしない、朝早くに目が覚める等)、その症状はいつからなのか、他に気になる症状はあるか(頭痛や肩こり、手足が痺れるなど)、最近ストレスや問題を抱えていないか、といったことを簡単に思い返してから病院に行くようにしましょう。

 

自分の症状を客観的に見ることができますし、症状に合った睡眠薬を処方してもらうことができます。

 

何科を訪ねると睡眠薬は処方してもらえるの?

 

睡眠薬を処方してもらいたいけれど、何科に行けばいいのか分からない、という人も多いようです。

 

睡眠薬は、内科、精神科、心療内科などで処方してもらうことができます。

 

処方箋

 

最近は不眠症に悩む人も多いことから、睡眠外来、不眠症外来といった睡眠専門の病院も多くなってきました。そういったところでも睡眠薬を処方してもらうことができますので、近くに睡眠専門の病院があったらぜひ相談するようにして下さい。

 

また婦人科や耳鼻科、整形外科でも睡眠薬が処方されることもあるそうです。例えば婦人科では、更年期障害や月経前症候群の症状のひとつとして不眠を訴える人も多く、改善策として睡眠薬を処方することもあります。

 

睡眠薬だけを目的に病院に行ってもいいの?

 

患者の中には「○○という睡眠薬が良く効くそうですので、それを処方して下さい」と、薬の種類を指定して病院を訪れる人がいるそうです。

 

医師は薬を処方するだけではなく、治療をするためにいるのです。野菜を買うのではないのですから、「○○下さい」「ハイどうぞ」といったやり取りだけで睡眠薬を処方するような医師がいるとすれば、それはとても危険な行為かもしれません。もしそういった医師がいたとしたら、できるだけ別の病院できちんとした医師に診察をしてもらうようにしましょう。

 

確かに、眠れないといった悩みはつらいものです。薬で楽になるのでしたら、時間がかかる診察など早く終わらせて、一刻も早く睡眠薬を処方して欲しいですよね。

 

ですが、睡眠薬を処方してもらうためだけの目的で病院に行くことはおすすめしません。

 

医師はあなたの症状や、あなたでさえ気づかなかった問題を見極めて、患者に合う薬を処方します。

 

インターネットで「○○がよく眠れる」といった記事があったとしても、それはその人の症状に合った薬だから効果が出たのであって、全ての人に効く万能の薬というものではないのです。

 

もしかしたらあなたには別の病気があって、本当は睡眠薬よりも別の薬が必要だった、ということもあるのです。そういった場合、睡眠薬は「薬」ではなく「毒」にもなり得ます。薬にはそれだけのリスクがあるということを確認して、医師の指示に沿って薬を服用するようにして下さい。

 

処方睡眠薬の代表的な種類について

 

ここでは睡眠薬の種類を簡単に紹介します。

 

不眠などの症状を緩和するために、医師から処方される睡眠薬にはたくさんの種類があります。睡眠薬を強さや特徴で大きく分類すると、5種類に分類されます。

 

  • ベンゾジアゼピン系
  • バルビツール酸系
  • オレキシン受容体拮抗薬
  • メラトニン受容体作動薬
  • 非ベンゾジアゼピン系

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は安全性が高く、副作用もほとんどないという薬で、効果や作用する時間によって異なる種類の薬がたくさん発売されています。

 

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、上記のベンゾジアゼピン系をさらに改良して、ベンゾジアゼピン系の副作用として知られる筋弛緩作用を少なくしたことで、ふらつきや転倒の可能性を低くした薬です。

 

耐性や依存性もわずかにありますが、ベンゾジアゼピン系の薬よりも少ないということから、安全性も高く処方されることが多い薬だそうです。

 

オレキシン受容体拮抗薬には、オレキシンという物質の働きを抑制して眠りに導く薬で、耐性や依存性もほとんどないという特徴があります。

 

メラトニン受容体作動薬は、メラトニン受容体を薬によって刺激し、自然に近い形で眠気が訪れるように作られた薬です。大きな副作用がなく安全性も非常に高いのですが、効き目があまり強くないという特徴もあります。

 

バルビツール酸系睡眠薬は強い睡眠作用がある薬で、麻酔として使用されることもあるほど強い薬です。その分副作用や依存性も強いことから、現在はバルビツール酸系の睡眠薬を使用することはほとんどありません。

 

病院で処方される代表的な薬について

 

ルネスタ(エスゾピクロン)

 

ルネスタ

 

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬で、服用したときの苦味が副作用として知られています。作用する時間は服用してから1〜1.5時間程で血中濃度が最高値になり、約5時間で半減します。

 

寝付きが悪い、という人に処方されることが多い薬のようですが、3〜4時間で効果が薄れるので、夜中に何度も起きるといった症状には不向きな薬でもあります。

 

レンドルミン(ブロチゾラム)

 

レンドルミンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、効果や安全性が高く、副作用も少ないことからバランスが良い薬として処方されることが多い薬です。

 

服用してから平均20〜30分ほどで眠気を感じ、1.5時間程で血中濃度が最高値に達します。その後7時間程で半分にまで減少することから服用してから6〜8時間程、効果が続くそうです。

 

寝付きが悪く夜中に目が覚めるといった症状に悩む人に処方されることがあるそうです。

 

ハルシオン(トリアゾラム)

 

ハルシオン

 

ハルシオンはベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬で、即効性があり効果が強いことから、不眠治療の主役とも言われる程使用されることが多い薬です。

 

服用して15〜20分で効果が現れ、1、2時間程で血中濃度が最高値に達します。3〜4時間で効果が切れてしまうので、すぐに寝付きたいという人に処方されることがあるそうです。

 

即効性がある薬ですがその分依存しやすく、耐性がついてしまうというリスクもある薬です。

 

マイスリー(ゾルピデム)

 

ゾルピデム

 

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬で、日本国内で多く処方されている睡眠薬として知られています。服用してからすぐに効果が現れるので、寝付きが悪くて困っているという人に効果がある薬です。

 

服用して1時間未満に血中濃度が最高値に達して、2時間ほどで半分になるので、体内に長く留まらない薬とも言えます。

 

サイレース(フルニトラゼパム)

 

サイレースはベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬で、催眠作用はベンゾジアゼピン系睡眠薬の中では最強とも言われる程です。

 

服用後1時間ほどで血中濃度が最高値に達し、7時間で半減します。

 

寝付きが悪い、しかも何度も起きてしまうというタイプの不眠症に最適とも言える薬ですが、効果が強い分依存しやすい薬とも言われます。アメリカでは違法薬物に指定されていて、処方も禁止されているということですので、服用する際は充分に注意する必要があります。

 

睡眠薬に、「強い」「弱い」ってあるの?

 

睡眠薬の服用に抵抗がある人が「なるべく弱い薬を下さい」「強い効果の薬なのですか?」といったオーダーをするそうです。

 

しかし実際のところ、処方されることが多いベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に、強さの大小はあまりないのだそうです。

 

確かに薬によって強いもの、弱いもの、といった分類がされることもありますが、これも「強いて言えば」という程度で、ほとんど大差がないのだと言われます。

 

ではどういった方法で処方をしているのかというと、「薬を効かせたい時間」によって選ぶのだそうです。

 

薬の特徴でも少し書きましたが、薬は効果を発揮する時間が違います。夜中に何度も目が覚める人に、ごく短時間しか効かない薬を処方してもあまり意味はありませんよね。

 

医師は患者の状態を聞いて、効果的な薬を探し出し、薬の量を調節して処方をしています。そのため患者はできるだけ自分の状態をチェックして、気になることがある場合はどんどん医師に相談して、自分に合った薬と量を知る必要があるのです。

 

処方睡眠薬の効果の持続性について

 

上記で紹介しましたように、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に大きな強さの違いはありません。ですが、効果が持続する時間を「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」といった分類ができますので、簡単に紹介します。

 

効果を感じる時間 効果の持続時間 代表的な睡眠薬
超短時間型 1時間未満 2〜4時間 ルネスタ、マイスリー、ハルシオン、アモバン
短時間型 1〜3時間 6〜10時間 レンドルミン、エバミール、ロラメット
中時間型 1〜3時間 24時間前後 サイレース、ベンザリン、ロヒプノール
長時間型 3〜5時間 24時間以上 ドラール、ソメリン、ダルメート

 

このように、睡眠薬には効果を感じられる時間に違いは少ないのですが、持続時間が変わります。医師から睡眠薬を処方されたら、注意点をよく聞き正しい服用をして下さい。

 

睡眠薬の処方についての注意点

 

不眠症の薬

 

必ず医師の指示に従うようにして下さい

 

実体験から言えるのですが、睡眠薬をはじめとする薬というものは、飲んでみなければ効果の程が分からないこともあります。

 

「良く効く睡眠薬だから」と処方された薬を服用したら、効き過ぎてしまい丸一日眠ってしまったという経験があります。

 

また別の薬では体が受け付けず、中毒疹(薬アレルギー)を発症したこともありました。

 

医師は患者の症状・状態を診ながら、薬の量や種類を調節しています。ですので自分の判断で薬の量を増やしたり、勝手に服用を止めたりしてはいけません。

 

何度も書いていますが、睡眠薬には多かれ少なかれ、依存性があります。そのため自己判断で薬を止めたり量を増やしたりしてしまっては、症状が重症化してしまったり、副作用が起こる可能性もあります。

 

睡眠薬は正しく服用すれば、あなたの強い味方になります。ですが間違った使い方ではきちんとした効果が出ないばかりか、逆効果になってしまうこともあります。そういったことをきちんと自覚して、薬を服用するようにして下さいね。

 

睡眠薬の副作用についての詳しい記事はこちら

 

睡眠薬を怖がる必要はありません

 

睡眠薬、と聞くと必要以上に警戒してしまう人も少なくありません。

 

「一度飲み始めるとずっと止められなくなるのでは」「耐性がつくというし、どんどん強い睡眠薬を求めるようになったらどうしよう」という不安を抱え、薬を処方されても服用しないという人もいるそうです。

 

確かに睡眠薬には依存性があると言われ、急に睡眠薬の服用を止めると離脱症状が起こり、眠れない、不安やイライラする、といった症状が出ることもあります。

 

しかし前述したように、医師は患者の状態を診ながら薬を処方しますし、「眠れない」と訪ねてきた初診の患者に、いきなり強い作用がある睡眠薬を処方することはありません。

 

止めるときも、徐々に量を減らして離脱症状が出ないよう調節をして薬を処方します。医師や薬剤師の指示をきちんと守って薬を処方すれば、必要以上に怖がる心配はないのです。

 

きちんと治療を受けて下さい

 

「睡眠薬で眠れるようになった」と安心して、薬に頼りすぎるのは問題です。本当は睡眠薬を必要とせず、夜になったら眠くなるという状態が正しいのですから、根本的な問題は解決されていないのです。

 

うつ病や自律神経失調症などの病気を患ってしまい、その症状のひとつとして不眠があるのでしたら、不眠という問題が解決されたら次は病気の治療をしていく必要があります。

 

ストレスや悩みごとで不眠になったのでしたら、問題を解決しないことにはずっと薬に頼る生活が続くことになります。

 

睡眠の問題が薬で解決できたのであれば、それだけに留まらずに問題解決のための治療や対策を考えていきましょう。

 

正しい服用で不眠を解消しましょう

 

以上、処方睡眠薬について、特徴や注意点などを紹介しました。

 

睡眠薬に頼りすぎると、依存や耐性などの問題がありますので、

 

  • 定期的に運動をするようにする
  • 就寝2時間前にはスマホ・パソコンから離れる

 

といった、生活習慣を見直して薬なしでも快適な睡眠が取れるような工夫や、病気の治療に取り組むようにして下さい。

 

早く不眠が解消されると良いですね。